バイクローンの頭金はどのくらい必要?

バイクローン 頭金

バイクローンを使う前に

新車や中古車のバイクを購入するという場合、支払い方法が気になるでしょう。

一括払いができるなら問題ないのですが、バイクローンを利用する人も多いです。

バイクローンを申し込む時には頭金について知っておく必要があります。

頭金というのはバイクを購入する際にローンを組むという場合、最初に支払うある程度まとまったお金のことです。

貯金の中からバイクを買うときに支払えるお金のことであり、これを最初に支払うことで月々の支払額をいくらか減らすことができます。

バイクローンを組む時には2割程度の頭金を用意すると良いと言われています。

もちろん頭金はいくらかあった方が良いのですが、実は全くなくても問題ありません。

バイクローンを組む時には頭金を払うメリットやデメリットについてもしっかり調べて準備しておくと良いでしょう。

また、いくら用意するのかなどの計画を立てておくことも大切です。

頭金を支払うことによってローンの総額が減るため、月々の支払額が減ることはもちろん、それによって審査のハードルも下がるので融資を受けやすくなります。そのためバイクローンの利息にできるだけお金をかけたくないという場合、先にいくらか支払っておくと良いでしょう。

バイクローンの金利とは

ちなみに、バイクを買い替えようとしている場合、前のバイクを売ったお金を新しいバイクの購入資金にあてるという方法もありますし、まだローンが残っているバイクであっても売る方法はあります。

バイクローンは商品によって金利がそれぞれ異なっており、高金利のローンであれば融資を受けやすいのですが、低金利のローンの場合は融資を受けるのが難しくなっています。また、高金利のローンは頭金を払わなくても融資を受けやすいということです。

しかし、バイクローンを組むのであれば、できるだけ低金利のローンが良いでしょう。

審査に通りたい場合にはできるだけ頭金を支払うことが大切であり、それによってローンの総額をいくらか減らすことができます。

そして、ローンの総額が減ることで融資を受けやすくなるのです。

バイクローンは頭金を支払ったほうが審査に通りやすいのですが、いくら支払えば良いのか分からないという人も多いでしょう。

バイクローンの頭金の相場は、購入にかかる総額の30%が理想と言われており、総額の20~30%を準備することがほとんどです。

もちろん総額の30%も準備できないという場合、支払える金額だけでも準備しておくと良いでしょう。

バイクローンを組むなら

頭金をしっかり支払った方が審査にも通りやすいですし、返済もしやすくなるというメリットがあります。

しかし、貯金に残しておくべきお金は、生活費やローンの金額だけではなく、バイクを購入する時にはガソリン代などがかかることも考えておきましょう。

また、パーツにかかる費用などもしっかりと用意しておく必要があります。

このお金を支払う期間は契約後~納車までの間が多くなっており、販売店によって振り込み期日が異なってくるのでしっかり確認しておくことが大切です。

頭金を現金で支払うためには、販売店まで現金を持ち歩くことになるので不安だという人も多いでしょう。

頭金は現金でしか支払いできないのかということですが、中にはクレジットカードが使えることもありますし、振込で支払いのできるところもあります。

大量の現金を持ち歩くのが不安だという場合、販売店に相談してみると良いでしょう。

中古バイクを購入する時にバイクローンを組むという場合、絶対に頭金が必要なのかということですが、新車でも中古バイクでもローンを組む時に絶対頭金が必要になるということはありません。頭金を支払わないで全てローンにしてしまっても大丈夫です。

バイクローンを使いたい

ちなみに、バイクローンを組むためには審査を受ける必要があります。

この審査ではローンを組んでも大丈夫かどうか、返済能力があるかどうかなどを判断されることになるのですが、これに通らなければローンを組むことはできません。

最近ではディーラーや販売店で扱っているバイクローンだけでなく、銀行のカードローンを利用する人も増えてきています。バイクローンと比較すると融資を受けやすいため、かなり人気が高まってきています。

銀行カードローンは金利が低いので利用しやすいと言われており、融資してもらえる金額も高くなっています。そのため高額のバイクでも購入しやすいですし、インターネットで受付を行っている銀行などもあります。

バイクを購入するためにバイクローンを組みたいなら、ローン審査に通らなければなりません。

バイクローンの審査に落ちてしまう最も大きな原因としては、今までローンの遅延や滞納をしたことがあるということであり、そのような情報は記録されているのです。

遅延や滞納履歴があるとまた同じようなことが起こるかもしれないと判断されてしまいますし、審査に通りにくくなってしまうということです。

お金を借りるためのあらゆる審査においてマイナス評価をされてしまうため、普段から気をつけていくと良いでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ