バイクカスタムパーツもローンで購入しよう!

カスタムパーツ ローン

バイクのカスタムパーツもバイクローンで

バイクローンと聞くと車体の購入に使うイメージがありますが、カスタムパーツの購入にも使うことができます。

専用のバイクパーツローンを提供している金融機関もありますし、もちろん信販会社が提供するローンも利用することが可能です。

バイクローンでは金融業者によって内容が異なりますが、金利の違いが大きいため選択が難しいといえます。

カスタムパーツは、車体のように返済困難となった際の処分ができませんので、その分だけ金利を高く設定しているのが特徴です。もちろんバイクローンにかぎらず使途に制限がないローンでは一般的な状況と言えますが、融資額がそれほど大きくないため審査に関しては比較的ゆるくなっているのが特徴です。

融資審査は利用する金融業者によって性質が変わりますがカスタムパーツのためのバイクローンなど、目的別ローンのほうが融資審査が厳しい傾向があります。使途に制限がないフリーローンは楽に借りられるメリットがありますが、その分だけ金利が高く負担が大きくなってしまいます。

消費者金融のキャッシングはカスタムパーツの購入にも使用できますが、何にでも利用できる現金融資ですから用途に制限されないメリットがあります。

バイク販売店のバイクローン

バイクを販売している業者の場合、バイクローンを提供しているのが当たり前になっていますが、中にはカスタムパーツの購入にも利用できるものがあります。販売店によって車体の購入にしか利用できない場合もありますが、全国チェーンの大手バイク販売店では取り扱いが多い状況があります。

カスタムパーツの購入にも利用できるバイクローンは、スピード審査が可能なものもあり利用しやすい環境があります。30分程度で結果がわかりますので、消費者金融のキャッシングにも似た利便性の高さがあります。

金利に関しては業者によって異なりますが、10%前後からありますし長期返済が可能なものもあります。カスタムパーツや車検に使用する場合には返済回数が制限される場合があり、車体の購入に使用するのとは異なる場合がありますので注意が必要です。

金利の負担は意外にも大きいのはどんなローンでも同じですが、バイクローンでもできるだけ低金利で利用できるローンを選ぶことが大切です。低金利ほど融資審査が厳しくなる傾向がありますが、返済にかかる負担を減らすには金利がポイントとなってきますので、融資審査で選ばずに慎重に検討することが大切です。

バイクローン以外でカスタムパーツに使えるローン

ローンには使途に制限がないフリーローンと、用途に合わせて利用できる目的別ローンがあります。目的別ローンとはマイカーローンや教育ローン、住宅ローンなどがありますが、フリーローンにはカードローンやキャッシングローンなどがあります。

消費者金融が提供しているのがキャッシングローンの特徴ですが、融資審査がスピーディーでその日のうちに現金が手に入るメリットがあります。カスタムパーツに利用することも可能ですし、使途に制限がない分便利なローンとなりますが、借入額には上限が設定されているため必要額が手に入るとは限らない面があります。キャッシングローには総量規制があり、年収の3分の1までしか借り入れできませんので、高額なカスタムパーツの場合には不足してしまう場合があります。

一方で収入があれば誰もが基準を満たすことで借り入れできるため、少額のカスタムパーツに使用するには最適なローンと言えます。消費者金融のキャッシングローンには悪いイメージしかない人も多いですが、法改正により金利が引き下げられているため、計画的に利用する分には安全なローンになっています。銀行や信販会社の融資審査に通らない場合には、キャッシングローンも便利だといえます。

バイクローンの融資審査

バイクローンと聞くと特別に感じる人もいますが、内容は一般的なローンと同じですから銀行や信販会社など様々なところで提供されています。審査に関しても返済能力があるか、信用情報機関の内容に問題がないかといった点が確認されますので、一般的なローンと異なる点は少ないといえます。一方でカスタムパーツは高額ではありませんので、金利が割高になってしまう場合があります。

状況によっては無利息で利用できる期間があるキャッシングローンのほうが経済的になる場合がありますので、色々なローンを比較して決めることが大切です。金額的にもバイクローンにこだわりすぎる必要はなく、キャッシングローンやカードローンも検討することがポイントになってきます。キャッシングローンでは、インターネットからの申込や自動契約機からの申し込みも可能ですから、曜日や時間に制限されずに申し込むことが可能です。

店舗で契約するローンでは平日しか取り扱わない場合が多いため、申込に制限があるといえます。キャッシングローンやカードローンは、金利が高くバイクローンよりも負担が大きくなってしまいますが、スピーディーに現金が手に入るメリットがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ