中古バイクでもバイクローンは組める?

中古バイクローン

中古バイクといえど、値の張るものばかり

中古バイクと聞くと、新品のバイクより安く買えることができるのではないかと思われがちですが、侮ってはいけません。もちろん新品に比べれば安く買えますし、新品で買う際の税金を考えれば安上がりではあります。

しかし、年式が多少古いのに思ったほど値段が下がらなかったり、大型のバイクになると中古で出回ることすら少ないため、需要に供給が追い付かないこともしばしばです。自動車の場合は、中古車販売業が全国にありますが、中古バイク販売業は少なめです。

そうした点からも中古バイクといえど、安く買えるとはいっても新品の7掛け8掛けというのは珍しくありません。ですので、中古バイクにもかかわらず、バイクローンを組んで買うケースも出てきます。中古車でもバイクローンって組めるのだろうかと心配になる方も多いかと思います。

実際のところ、バイクローンを組んで中古バイクを買うユーザーは多いです。ハーレーのような大きなものは中古でも値が張りますから、バイクローンを組まざるを得ないことが大半です。バイクローンには様々な種類、形態があり、1つ1つメリットやデメリットがあります。

ぜひとも参考にしていただければと思います。

すぐ中古バイクを手に入れるならカードローンでの融資

中古とはいえ、そういったバイクの需要は根強く、目を付けた次の日には売れている、もしくは予約済みということは珍しくありません。ようやくお目当てのバイクに出会った!だけど、手持ちのお金がない・・・すぐに手に入れたいけどどうしたらいいか、そういう時はカードローンがおすすめです。

大手のカード会社、銀行のカードローンは審査がスピーディ、かつ即日でわかり、一通りの手続きが終わればすぐに融資を受けられるため、お金を用意するから少し待ってくれとお店の人に言い、急いで無人契約機に駆け込み、審査をしてもらって融資を受け、バイクを手に入れるということが可能です。

当然、問題点もあり、計画性に乏しく、半ば衝動的に買い物をしているため、いくら審査を受けるとはいえ、ゆとりある返済ができるかどうかわかりません。バイクの維持費も当然かかってきますから、そのあたりの見通しなく決めてしまうのは大変危険です。

また、金利も高く設定されているため、この後紹介するローンと比較し、長いスパンで考えたらかなりの額を支払うことになります。そんなことはどうでもいい、このバイクは絶対手に入れたかったんだという愛情があれば、それはそれでいいかもしれません。

長い目でバイクローンを考えるなら銀行のマイカーローン

銀行のマイカーローンは、中古バイクに対しても組むことができます。マイカーローンの対象は、新車、中古車、バイクです。もちろん、中古バイクもその対象に入ります。マイカーローンの特徴は金利の安さです。

最近の日本は国債の金利がかなり安いことから、住宅ローンや教育ローンも金利が安く設定されています。マイカーローンも高いところで4%、平均では3%、安いところは1%2%というところもあります。また、インターネットでの申し込みや、元々給与口座の設定をしていたり、住宅ローンもお願いしている場合などは金利を安くしてもらえるところが多いです。これをフルに活用すると、店頭で申し込むより金利がかなり下がります。

そうすることで完済するまでにかなりの差が出てきます。バイクは欲しいが、ゆとりをもった返済計画を立てたいという人には銀行のマイカーローンがお勧めです。

しかし、銀行ならではの問題点があります。インターネットで申し込むにしても、土日祝日に申し込んだ場合、融資の審査結果が届くのは翌営業日、つまり月曜日や祝日明け最初の平日になります。また、融資の審査結果が出た後、店頭に足を運ばなければいけない場合もあります。そうこうしてるうちにバイクが売られていることもありえますので、そのあたりに注意が必要です。

バイクローンは無理のないものにするのが大事

バイクローンを組む時に、どうにかなるだろうという気持ちで組むと、たいていどうにかならないことが起こりうるものです。バイクがあることで気合いが入って仕事も頑張れるというケースも当然ありますが、いつケガをし病気になるか誰にもわかりません。ですので、バイクローンを組む前にある程度の頭金を用意し、なるべくバイクローンに頼らない形を普段から作っていくことが大事です。

バイク屋の中には、頭金がなくてもバイクローンが組めるというのを打ちだすところがあります。大変便利ですが、いずれにせよどこかで払わなくてはなりません。このバイクが欲しいとどこかで決めたのなら、その時から頭金作りをしていきましょう。そして、ある程度の頭金が貯まってからバイクの確保に努めていきましょう。頭金なしで全てをローンで工面しようとすると、その負担は大変です。

ゆとりある返済プランを立て、それに従って行動することが求められます。中古バイクの人気は今後も衰えることはないですし、めぼしいバイクが先にとられることも当然あります。そればかりを意識して、後先を考えずに買ってしまって、後で苦しむことになれば元も子もありません。無理なく返して、バイクをエンジョイする生活が一番の理想ではないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ