学生・未成年でも組めるバイクローンはあるの?

gakusei

学生でも組めるバイクローンはある?

学生の中でも人気がある乗り物がバイクですよね。

最近は特に小回りも効き維持費も少ないということから、結構様々な人に対して人気がある乗り物にもなっています。

中には子供の時からの夢だったという人もいるようで、できれば免許をとったらすぐにバイクに乗りたいと考える人もいるでしょう。
この時、免許を取得するなどの費用がかさみ、すぐにバイクを購入できないという人もいますよね。

そんなときに、おすすめなのがバイクローンです。

これは銀行や信販会社などがバイクを購入するために取り扱っているローンですが、おそらくよく見るのがバイクショップでのローンの説明などでしょう。

バイクショップの場合、バイクローンを取り扱っているところがけ結構あるので、その存在を知っている人も多いのではないでしょうか。
そこでバイクローンを利用する際、学生でも融資を受けられるのか気になる人もいるでしょう。

実はこの条件は様々なことが複雑に入り組んでいるので、特定の条件を満たす人、ということが言えるかもしれません。

最終的にはローン会社の審査次第ですが、それぞれの学生の立場や考え方次第でも結構その条件は変わってきます。

では、その条件とは何なのでしょうか。

 

アルバイト中の学生ならバイクローンの利用ができるかも

まず、基本的にこのような条件というのは様々なものがありますが、代表的なものは安定した収入があるかどうか、ということです。
この場合、例えば夜間学校や通信制に通っていて昼間は会社で普通に働いている、という人ならば問題はありません。

こういった場合ならば普通の会社員としての審査ができるでしょうし、その結果審査に通ることは珍しくないのです。
一方、それ以外の一般的な昼間は学校に通い間の時間や夜間にアルバイトをするという人の場合は、審査次第ということになるでしょう。

というのも、アルバイト中の学生ならば審査に通る可能性が高くなるのです。
これは安定した収入があるとみなされれば返済に問題がなく、結果的に通りやすくなる可能性が高くなるという話です。

この場合は特に安定した収入と言っても学生アルバイトでもある程度は毎月働いて毎月それなりにお給料をもらうでしょうから、そのような条件を満たしていれば問題はないと考えるのです。
ちなみに、学生でも親からお小遣いをもらっているという人の場合、審査に通りにくくなるのです。

これは安定した収入がないため滞納するリスクが高い人というようにみなされることが多いためです。気をつけておきましょう。

未成年の場合は融資の場合親の許可が必要なことも

もう一つの条件が未成年者かどうか、ということです。
成年の場合は個人に融資しても問題はありませんが、未成年者の場合は親権者の同意が必要になるのです。

この親権者とは様々なケースがありますが、大体の場合は親ということになります。この場合は特に親の同意欄に署名と捺印が必要になるので、必ず親の同意が必要になると考えておくといいでしょう。
というのも、未成年者の場合はまだ親が後見人として必要と法律で認められており、親の同意がなければお金の貸し借りなども容易になかったことにできる場合もあるのです。

このため、融資を行う会社や銀行からすれば親の同意なくお金を貸すのは非常にハイリスクな行為となるのです。

このため、親の同意を必要とすることになります。
ちなみに、中には成年でも学生なら親の同意が必要、としているところもあります。

この場合は学生というまだまだ収入が少ない身分ということを考えて、何かあった場合の連帯保証人や後見人として親の同意を求めるということです。

バイクローンの場合、特に親の考え方に左右される面がありますので、必ず親を説得しておきましょう。
ちなみに他のローンでもこの傾向はあります。

融資を受けるなら学生ローンも検討してみよう

ちなみに、もしバイクローンに通らない場合は、他の様々なローンを検討してみたいものです。

この場合はバイクローンにもし落ちたら、ということで、おすすめなのが学生ローンです。

これは学生を対象にしたローンで、学生の身分がある人ならばだれにでも貸し出すことが可能です。

もちろん夜間学校や通信制学校に通う人でも大丈夫です。

必要なのは学生証などの身分証明書などで、特にこの場合はバイクローンの代わりとしても利用できますが、他にも生活費が足りない時や様々な用途にも使えます。
ちなみに、バイクローンの代わりとして使えるローンとしては、カーローンやオートローンと呼ばれる車向けのローンで、この内一部のローンはバイクローン用に使う事ができるのです。

あるいはフリーローンやカードローン、キャッシングなどの用途自由のローンをバイクのために借りて返済していくのも一つの方法で、特に学生ローンはこちらのローンとしての意味合いが強いでしょう。
ちなみに他にも様々なローンがありますので、場合によっては一つの会社に落ちても他の会社のローンを検討してみるのも方法です。

他のローン会社なら審査基準も違いますし、非常に融資しやすいところも出てきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ