原付の購入に使えるバイクローン

原付ローン

バイクローンで原付を購入しよう

50ccの原付バイクの購入に使えるのがバイクローンです。
バイクローンという名称のローンはほとんどなく、マイカーローンを使用することになります。
マイカーとは四輪車だけでなく、二輪のオートバイやバイクも含まれるのです。
一般的にオートバイと呼ぶ場合は50cc超のマシン、バイクと呼ぶ場合は50ccの原付を指しています。
バイクローンを利用して購入するメリットは、その金利の低さにあります。
5.0%以下の金利で融資してくれるローンが多いので、利息を抑えたい方に適しています。
ローンは目的が明確であり、担保を用意することで低金利で借りることができます。
バイクローンは原付の購入資金用であり、かつ原付が担保になりえます。
そのため、キャッシングやカードローン、ビジネスローンなどと比較して金利が低く抑えられています。
審査はキャッシングよりも厳しくなりますが、原付の購入費用程度の借入であれば、問題なく借りられる可能性が高いです。
200万円の自動車と20万円の原付では、後者のほうが融資を受けられる確率は間違いなく高いです。
400ccや1,000ccといった中・大排気量のマシン購入と比較して借りやすいです。

バイクローンはどこで借りるのがおすすめ?

バイクローンを低金利で利用したいなら、銀行やネットバンク、信用金庫などがおすすめです。
低利率を設定しているバイクローンを見ると、大抵がこれらの金融機関となっています。
消費者金融や信販会社だと、年率は4.5%~18.0%程度の設定となりますが、実際の金利は15.0%超の設定になることが多いです。
多目的に利用できるローンは金利が高いので、用途がバイク購入ならば低金利のバイクローンを利用したほうがいいのです。
金利比較をする場合は、上限となる金利で比較するのがコツです。
例えば、1.90%~3.20%、1.85%~5.00%のローンを比較した場合、最低金利では後者のローンのほうが低いです。
しかし、最高金利では前者のローンのほうが低くなっており、低金利で借りられる可能性が高いのは1.90%~3.20%のローンとなります。
金利比較をするときは、最高金利で比べるのが基本です。
最低金利4.5%を設定しているキャッシングを利用する場合も、実際の融資額は15.0%を超えることが多いのです。
バイクローンには年率1.90%というように一律金利を設定しているローンもありますが、全体の割合としてはごく一部です。
金利はよく比較して決めないと後悔するので注意しましょう。

バイクローンの融資にかかる日数は?

バイクローンの融資は、キャッシングやカードローンよりも時間がかかります。
多目的ローンは即日が基本となりつつありますが、バイクローンは5日程度かかると考えておいたほうがいいでしょう。
ローンの種類により最短即日の商品もありますが、大抵は3日、5日、7日など、数日かかるのが普通です。
また、借入額が大きくなるほど審査に時間がかかるので、高額バイクを購入する際は少し長くかかると考えておくのが無難です。
原付に関しては一般的なオートバイよりもかなり安く、20万円以内で購入できる商品も多くあります。
そのため、審査に通過しやすく、融資までの日数も比較的短くなる傾向があります。
オートバイショップが用意しているバイクローンに関しては、審査が高めに設定されています。
そのため、銀行や信用金庫の低金利ローンを利用できない場合に検討するといいでしょう。
金利が変わると利息も変動し、毎月の支払い額が変わってきます。
バイク購入時にどのローンを選ぶかによって、完済までの月額返済額が変わってくるので、金利比較をしっかり行ってローンを決める必要があります。
低金利ローンは借入日数が長い傾向がありますが、早期融資よりも低金利をポイントにして選んだほうがいいでしょう。

バイクローンの返済期間はどのくらいになる?

バイクローンの返済期間は5年以上に設定されているのが普通です。
一般的に10年を最長とする場合が多いですが、原付に関しては1年以内で返済される方が多いです。
金利は実質年率という性質上、早く返済をするほど利息を節約できるのです。
むやみに返済期間を延ばすことはせずに、可能な範囲で早く返済したほうがよいでしょう。
一度返済プランを立ててしまうと、後から修正するのが面倒です。
ゆとりの2年返済にするのか、利息を抑えるために1年返済にするのか、事前によく考えておく必要があります。
返済シミュレーションは審査を受ける前に行っておく必要があります。
たった10分のシミュレーションで、今後のローンの成功・失敗をわけてしまうのです。
ローンで失敗する方に共通するのは、返済シミュレーションをしないで借りていることです。
毎月ギリギリの返済額を設定すると生活が厳しくなりますが、あまりに返済額を少なくすると利息の支払いが多くなります。
無理をせずに継続返済が可能であり、その範囲内で利息の支払いを軽減する返済プランを設定しましょう。
バイクローンは借金であり、利息が発生することを忘れてはいけません。
利息を減らすためには、なるべく多くのバイクローンの金利比較をするべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ