バイクローンは保証人が必要?保証人なしで借りれる方法は?

バイクローン保証人

保証人って誰がなれるの?

バイクローンを組む際には、ローンの種類によっては保証人が不要であったり、誰かつけなければローンが組めないなど様々な事案があります。保証人というのは、購入した人になんらかの事情があって払えなくなった場合、代わりに払ってくれる人、支払い能力のある人のことを言います。ですので、保証人がいなければ貸してもらえないケースというのは、貸したお金が本当に返ってくるか不安、もしくは経済力に多少難がある場合です。

そこまで借りたいのなら誰か頼りになる人、経済力のある人、あなたが払えなくなったとき、確実に返そうとしてくれる人を連れてきてくださいということを示唆しています。奨学金を申請する場合などは、両親以外の親族、例えば、親戚や祖父母に保証人になってもらうように、保証人の多くは両親、もしくは親戚などで、たいていはそれで認められます。中には、友人や知人にお願いするケースもあります。

しかし、安易に保証人になることは、それだけリスクを背負うことになり、同時に相手に対し、リスクを背負わせることになります。親族以外の第三者に任せる任せられるというのは相当な覚悟と、責任感をもっていないといけません。

バイクローン保証人不要の方法

銀行のバイクローンの多くは原則保証人なしで融資の審査が行われ、融資を受けることができます。

お願いをするのはたとえ家族であっても言い出しにくいし、できればそういう迷惑はかけたくないのが人情というものです。そういった時に保証人なし担保なしで融資が受けられるというのはありがたいと言えます。では、その人が払えなくなった時、銀行は泣き寝入りするのかと言われたら当然そんなことはありません。実は、信販会社などが代わりに保証人になっているのです。

例えば、バイクローンを組んだ人がなんらかの事情で返済できなくなったとします。その場合は、組んだ人に成り代わり、信販会社や信用保証会社が残りのバイクローンを支払うことになります。

これを代位弁済といいます。こういった保証があるため、銀行は躊躇なくお金を貸し出すことができるのです。信用保証会社が払ってくれた分は当然返していかなければなりません。話し合い次第では柔軟に対応してくれることもあるようですが、払う意思がなかったり、どこかに逃げて、なかったことにしようとしたりすると、財産の取り押さえなどが行われ、後々面倒なことになるので、そういった事態は絶対に避けましょう。

学生や未成年者がバイクローンを組む場合は?

未成年者でもバイクローンを組むことはできます。ですが、親権者の承諾が必要になります。法律上、未成年者の契約行為はいくつかの条件があれば取り消すことができます。

結婚をしていない、親権者が同意していないなど様々ありますが、その方法によって代金支払いの義務は消えます。また、今まで払ったローンも返還することになってしまうので、バイクローンを未成年者が組む場合は親の同意が必要になります。

同意する際にも捺印などが必要です。例えば、未成年者が勝手にバイクローンを組み、その際親の同意欄を未成年者が勝手に書いて出した場合は契約の取り消しは認められません。ウソをついて相手がそれによって誤信すればその契約は生きます。

20歳を過ぎた学生の場合、バイクローンが組めるのかどうかについては、毎月バイトなどの収入があれば保証人つきで組むことができます。

もしくは、名義を親御さんにし、それを子供が利用するというのもできますが、何かあったときに大変なのでおすすめしません。やはり、自らの責任でバイクを買って、バイクローンを返していくことが大事です。学生ローンなら保証人いらずでお金を借り、それでバイクも買えます。あとは金利との兼ね合いでしょう。

保証人になってもらうリスクを考えてみよう

何事も融資の審査を受けるというのは緊張します。融資の審査に落ちてしまったらバイクローンは当然組めません。まして、保証人がいなければ審査が通らないとなると、そのあとのことを色々考えないといけないので、審査がどうなるか気が気ではありません。

審査が通る方法はいくつかあります。収入が融資額に見合ったものであるか、以前に融資を受けた際、返済が滞っていないかなどです。特に収入が融資額に見合ったものであるかはとても大事です。どうしても自分だけでなんとかしたいという場合はカードローンで工面するしかありません。

この方法なら自分だけでお金を借りることができます。その分、金利が高くつくため、非常手段の方法です。保証人になってもらう人を探すのは大変で、そう簡単にはなってくれません。なったとしても、返せなくなったときに迷惑をかけます。その時点で友人関係が壊れることもあります。

なってもらう以上は何度も書くことですが、相当な覚悟を持たないといけません。そこまでしてバイクが欲しいのかという話でもあります。どうしてもバイクがないといけない場合もあります。その気持ちは必ず相手に伝わりますし、その強い気持ちがあれば大丈夫でしょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ