カワサキのバイクローンの詳細と注意点

カワサキバイク

カワサキの購入に利用できるバイクローンについて

日本の4大バイクメーカーの1つにカワサキがあります。カワサキは性能が高いラインナップを持つメーカーとしても知られており、他のメーカーには無い独特な魅力を持つことから多くのバイク愛好者から高い人気を集めています。

カワサキのバイクを購入するには現金一括払いによる方法もありますが、多くはローンなどを活用して購入されることがほとんどとなっています。

利用できるローンとしては銀行が提供するバイクローン、ディーラーで用意されるローン、様々な金融機関が設けているフリーローン、そして400cc以上の大型バイクに特化したバイクローンがあります。

ローンにはそれぞれに特徴があるために、利用をする場合には条件等の内容を確認することが大切なことになり、また、その場合には各ローンに設けられた条件をクリアすることが必要になります。
かつては、バイクに限らず自動車などの購入においては販売店で一緒に提供されるローンの活用がほとんどとなっていましたが、現在においては、その手法には様々なものがあり、バイクローンに関してもローンを組むというよりは融資という形で借入を行い、それによって購入代金の支払いをする場合も数多くあります。

ディーラーを利用したバイクローンについて

カワサキばバイクを購入する場合に、まず、1つ目にディーラーローンの利用があります。ディーラーローンとはバイク販売店と特定の信販会社とが提携しているローンのことをいいます。手続きは主に販売店が代理として行ってくれるために煩雑さがなく、そのために購入にあたってはバイクローンの代表的なものとなっています。つまり、利便性の高さが一番のメリットとなります。

しかし、その反面、デメリットもいくつかあり、その内容としては、まず、1つ目に販売店によってバイクローンの金利が違うことがあります。それはカワサキに限らず他のバイクメーカーでも同様となっており、例えば、金利が7%のものもあれば15%などのものもあり販売店によって違いがあります。

その理由としては、大きくは、ここで定められた金利の数パーセントが販売店の利益となるためであり、そのために各店舗ごとに違いが生じることになり、実際に値引き等に関してもこれらの内容を踏まえながらの販売店の裁量によって決められることになります。次に、ローンの審査が厳しいことがあります。

バイクローンは提携をしている信販会社によって提供がなされますが、ここでの審査基準に関しては金融業者と比べた場合には厳しい内容となることがあります。

ディーラーが提供をするバイクローンの審査内容とは

ディーラーで提供されるバイクローンを利用してカワサキを購入する場合には、定められた審査内容をクリアする必要があります。まず、審査基準は提携をしている信販会社が明示をしている内容となりますが、年齢に関しては原則20歳未満の場合は不可となり、連帯保証人を差し出すことによって利用できる場合もあります。次に完済時の年齢制限があります。ここでの内容は完済時の年齢が65歳~70歳以上の場合には原則利用できないことになっており、職業や資産状況jによっては利用ができる場合もあります。また、年収に関しても200摩年以下の場合には審査通過が厳しくなり、雇用形態や勤務先、勤続年数や居住形態によっても細かい審査基準が設けられています。ディーラーローンでは、その内容としては金融会社におけるキャッシングに準じた審査内容になっており、若干の違いはあるものの、その基準としては概ね同様となっています。ディーラーローンでの信販会社を利用した購入に関しては、他にない特徴として商品に関しての注意点があります。それは、所有権の問題です。特に大型で価格が高い場合ではローンが完済するまでは信販会社の名義となっていることが多く、申込をする場合にはよく確認をして行う必要があります。

融資を利用してカワサキを購入する場合の注意点とは

カワサキを購入する場合には、多くはディーラーローンが利用されていますが、金額によっては金利が高いことや、販売店によっても金利が異なったり、また、審査に関しても厳しいものがあるために金融会社からの融資を利用して購入する場合もあります。

ディラーローンの場合には商品に関しての注意点がありますが、この場合には融資内容に関しての注意点があり、それは、ディラーローンの利用にも当てはまります。融資ではそこでの条件をクリアすることにより借入を行うことができますが、まず、職業や年齢など基本的な内容をクリアすることが必要になります。一番注意しなければならないのは融資においてもディーラーローンにおいても改正貸金業法が適用されるということです。

そこでは総量規制に沿って判断がされるために年収を1/3を超えるような場合には融資やディーラーローンは通らないことになります。そのために、他にカードローンやキャッシングをしている場合には金額に合わせて、残債額を減らしておく必要があります。

また、どちらにおいても個人信用情報機関によって個人情報は入手され判断材料とされるために、事故歴における遅延延滞などには十分に注意をする必要があり、他にも他社らかの借入などに関しても注意点の1つとなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ