バイクローンの金利の相場を把握しておこう

バイクローン金利

バイクローンとはなにか

バイクローンは、バイクを購入するための資金を融資してくれるというローン商品のことです。

実際にバイクローンと限定されるものは、販売店などが行っている提携ローンのことで、銀行などの金融機関を利用する場合にはマイカーローンなど自動車を購入するためのローン商品に含まれるものになります。
販売店が行う提携ローンと金融機関のローンでは、やや性質が異なるため注意が必要です。

販売店の提携ローンは提携している信販会社を仲介して代金の分割払いをするというものです。

一方で金融機関の場合には、購入するための資金を融資してもらうというものです。

いずれもバイクを後払いで手に入れることに変わりはありませんが、分割払いの方は手続きが比較的簡単で利用しやすいメリットがあります。

一方で融資の場合には、金融機関が審査した上で返済能力があれば利用できるというものです。

販売店と金融機関を何度か往復する必要があるため、手続きが面倒とされます。
また後払いにするということはお金を借りることなので、そのお金を借りた手数料として金利を支払う必要があります。

金利の相場は金融機関の方が低い傾向にあり提携ローンの場合には高くなる傾向にあります。

バイクローンの金利について

バイクローンの金利の相場はそのローン商品や条件によって変わってきます。

金融機関でもそれぞれ商品ごとに異なっていますし、販売店でも提携している信販会社によって異なってきます。
金融機関が一般に提供しているマイカーローンの金利相場は2%から4%とされています。

低いところでは1%台のものもありますが、保証料などの名目で2%台になるのが一般的です。

この金利は、目的ローンの中では住宅ローンについで低い水準にあり、少ない手数料でお金を借りることができるローン商品といえます。

ただし、これら低金利の商品は利用するための審査基準が厳しく誰でも利用できるというものではありません。

なお、やや金利相場が高いフリーローンを利用してバイクを購入するというケースもありますが、この場合の金利は10%以上となるのが一般的な相場です。
一方で提携ローンの場合の金利の相場は10%前後となっておりマイカーローンに比べると倍以上になります。

金利が高いというデメリットがあるものの金融機関にと比べれば審査に通りやすいというメリットがあり、また煩雑な手続きをしないでスムーズにバイクを購入できます。

ただし、提携ローンを利用した場合には所有権が信販会社のものになるケースもあり、支払いが完了するまで自由に売却するといったことができません。

バイクローンの審査について

バイクローンの審査は通常のローンと変わりなく本人の返済能力や信用力が確認されることになります。

バイクといっても値段はピンキリであり、新車の原付きバイクであれば15万円程度から購入できますし大型バイクともなると数百万円と乗用車を購入するのと変わらないものもあります。このため審査では融資する金額と返済能力が天秤に掛けられます。
一般に余裕をもって返済できる金額というのは年収に対して4分の1程度とされており、その返済額の範囲内である必要があります。

つまり400万円の収入があれば、年間100万円が返済可能金額とされます。

実際には金利を支払わなければいけないので、実際に借り入れできる金額はこれよりも低くなりますが、一定の目安になり、年収400万円であれば年間返済額が100万円以上の借り入れは不可能です。

また収入のすべてをローン返済に利用できるわけではないので最低でも120万円以上の年収がなければローン商品を利用するのは困難です。
また金融機関の場合には審査が厳しく勤続年数などが指定されているケースがあり、この利用条件を満たしていない場合には利用できません。

一方で提携ローンはあくまでも商品の分割払いであるため利用条件がゆるかというメリットがあります。

お得なバイクローンは

バイクローンといっても、選択肢の多いため一概には言えませんが、審査のハードルが高いものの金利が低い金融機関のバイクローンを利用する方がメリットが多いといえます。

理由としては継続してその金融機関を利用するのであれば、ローン商品を利用して返済を完了すれば、それが信用実績になるためです。

また住宅ローンやカードローンを利用している場合には、マイカーローンを利用するさいに金利の割引を受けられるものもあり、その点でより低い金利でお金を融資してもらうことができます。

特に長期間の借り入れをするといった場合には有利です。
一方で販売店の提携ローンのメリットは、審査に通りやすいという点で、煩雑な手続きがなく利用することができますが、金利が高いのが難点です。

また提携ローンで利用実績を積み重ねたとしても、他のローン商品を利用するさいにプラスに作用することがなく、手続きが簡単という以外のメリットがないのが実情です。

しかし、バイク購入費用で少しお金が足りなかったといった場合に、その分を補充するといった目的で使うのであれば、少額なお金を借りるために煩雑な手続きをしなくても良いというメリットがあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ