バイクローンの審査に必要なものは?

バイクローン 審査

バイクローンで審査に必要なものとは

バイクローンを利用する際、様々な条件で融資をしてもらうことがあります。
この時、必ず申し込みをしなくてはなりませんし、申込み後には審査が行われ、その結果次第でバイクローンが利用できるかできないかが変わります。
この時、バイクローンを利用するのならば様々な書類を記入し提出することになります。

また、必要な物を持っていなければ準備しなくてはなりません。できればバイクを購入することを検討している段階で準備したいものですが、ローンを利用することを決めてから準備しても問題はありません。作るためには少し時間がかかるものもあるかもしれませんが、大体の人の場合はすでに持っているものを活用すれば十分、という人が多いでしょう。
この記事では、審査が始まるまでに準備しておくものだけをピックアップして説明します。バイクローンを利用するときは必ず求められるものばかりですので、必要になるのは間違いありません。ただ、そこまで難しい物ばかりでもありません。

また、一部の場合はここのメーカーや銀行のものにしてほしいというように、利用先を指定されることもあります。気になるのならば、できれば融資前に詳しいことは質問しておきましょう。

バイクローン申込書は絶対にいる書類

まず、基本的に最も大事になるのがバイクローンの申し込み書です。
とはいえ、これはバイクショップの店頭で準備しているか、バイクローンを実施している銀行が準備しているので、ローンを使うと決めた人が申し込みの際に記入します。申し込みの際に必ず書くことになりますから、申し込みをする人が何か書式を準備する必要はありません。
書くときは必ずボールペンなどの消せない筆記具を使って黒のインクで記入し、必要事項は全て書きましょう。また、押印する必要があればそこに印鑑を打ちます。
ちなみに、中には未成年者がバイクを購入する際に利用することもあるでしょう。

この時、未成年者は親権者の同意がないと利用できません。この時は同意があるかどうかを確認する欄を記入してもらいましょう。おそらく別紙になるか、利用申込書の下の方に親権者同意記入欄がありますので、親の署名と捺印をしてもらいましょう。
また、もし連帯保証人が必要な場合は連帯保証人の署名と捺印もお願いします。最近は連帯保証人を立てなくてはならないローンはそう多くはありませんが、ローン会社や銀行が立てなくてはならないというのならば誰か連帯保証人を準備しておきましょう。
ちなみに、虚偽の内容で申し込みを行うと損害賠償を求められることもありますので、すべて嘘偽りなく記入しましょう。

バイクローンとして融資してもらうための請求書や明細書も

もう一つ必要な物は、バイクローンを利用する際に用途を明確にできるものです。
用途とは、例えばバイクを購入したりバイクのアクセサリーを購入したりするという内容が分かる書類で、これはバイク購入時にバイクショップからもらえる購入明細書や請求書などです。これは規定はそのバイクショップによっても様々ですが、少なくとも簡易見積書などでは通らないことが多く、正式な見積書や請求書などを作って貰う必要があります。また、ローン会社によっては押印などを求めることもあります。
ちなみにローンの中に様々な証明書の発行代金や初期費用なども含めることが可能です。また、ヘルメットやグローブ、アクセサリーなどを購入するために利用することもできますが、そのような場合は総額でいくら位のローンになるかを明確に出来る書類が必要です。この場合はひとつのショップで買うのならまとめて明細書に入れ、その請求額を増やすことで対応ができます。
この書類を発行するのはバイクショップなので、バイクショップに購入時の正式な見積や請求書を出してもらうようにしましょう。その書類を元に借入金額が設定されることもあるので、バイクローンのためということで指定しましょう。

身分証明・印鑑・銀行口座・人によっては収入証明書も審査で大事

ちなみに、これまでは申込書でしたが、更に書類などがいることもあります。
ひとつは身分証明です。これはバイクローンの場合は運転免許証で十分ですが、パスポートでも利用できるでしょうが、バイクローンを行っている会社によってもルールが違いますので、気になるのならば聞いてみましょう。
次に印鑑です。印鑑は基本的にバイクローンだけではなく他の申し込みの時に普通に使っているものを利用しましょう。
そして、返済に利用する銀行口座です。銀行口座はどれでもいいとしているところもありますが、銀行の中には自分の銀行の銀行口座にしてほしいと指定があるところもあり、この条件を満たしていない場合は審査に通ることはありません。あとから変更できることもあります。
ちなみに、審査の際に収入に関する書類を提出してほしいと言われることもあります。これは審査の際に年収を確認したい時に請求されます。特に自営業の場合は審査の際に収入証明書を添付する事が多いでしょうから、確定申告の書類などがあれば持って行っておくとスムーズです。
これだけあると融資の際にだいたい大丈夫ですが、融資の際に他の書類などを提出するように言われることもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ