バイクローンはアルバイトやフリーターでも借りれるの

バイクローン アルバイト

アルバイトやフリーターでもバイクローンを組みたい

アルバイトやフリーターという人たちや、非正規で働いている人の数はこのところ増えています。また、一般的な学生でもアルバイトなどで収入を得ている人はいるものです。
このような人でも、バイクローンを利用することができるのか迷うでしょう。実は、バイクローンは特に雇用形態の指定はなく、毎月安定した収入がある20歳以上70歳未満の人ならば基本的にはバイクローンで融資を受けられる可能性は非常に高いでしょう。これはローンの融資条件にもよりますが、おおむね利用の際にはそういった条件で借りることができるのです。
また、フリーターでも借りることはできますし、年金をもらいながらアルバイトをしているという人でも大丈夫なようですので、基本的に審査の結果次第といえるでしょう。
ただ、安定した収入はどうしても必要です。というのも、ある程度お金を借りるためには返済できるということを証明する必要がありますし、ある程度収入が必要になります。このため、仮に貯蓄があっても収入がないのならば審査には通らないものです。
では、どういうふうにすればバイクローンの審査に通るのでしょうか。いろいろな方向から考えてみましょう。

バイクローンが組めるかどうかは審査次第

まず、ローンを申しこめば必ず審査が行われます。この審査結果とは、その人が借りられるかどうか、ということだけではなく、人によっては金利や支払い回数、支払期間なども微妙に変わることがあります。すべて一定という借り入れる側からすれば予測しやすいローンもありますが、銀行などの場合は借り入れの際の様々な条件やステータスなどによって返済回数や期間、毎月の返済額や利率なども変動することがあります。
とはいえ、審査次第なので大体の場合は大きく構えておくといいでしょう。これまで毎月立て替え払いやクレジットカード、携帯電話の分割払いなどをしっかりと行ってきて滞納をした経験が無かったり、毎月きちんと働いてお給料をもらっていたり、年齢制限に引っかかっていないというのなら特に気にするようなことはありません。もちろん正社員となり働いている方が安定していることは間違いないので通る可能性も高くなりいい条件での借り入れができますが、バイクローンの場合は用途が限定されており借入額も返済の見通しも立っていることが多いので、あまり気にすることはないでしょう。
ただ、中には落ちてしまう人もいます。これはどうしてなのでしょうか。

総量規制と融資額の多すぎ・借り過ぎに気をつける

まず、バイクローンが使えないということはアルバイト・パート・非正規だから、ではなく、それ以外の様々な理由があることがほとんどです。
その理由の大きなものは、まずは総量規制でしょう。これは何かというと、ある人が持つ借金額はその人の年収の三分の一にまで抑えなくてはならないという制限です。借り入れのし過ぎを防ぎ、多重債務になる人を減らすための作です。これは融資などを行う際に銀行から借りたり特定の条件ではない場合に規制の対象となるため、例えば信販会社から他のローンを借りて返済している最中だったり、キャッシングやカードローンなどが多くあるとこの規制に引っかかってしまうことがあります。
もうひとつ気をつけたいのが借りすぎということでしょう。先ほど出た総量規制には引っかかっていなくても、バイクローンとしての用途に適切な借入金額ではない場合や、あなたの年収に対して借入額が大きいのではないか、と判断される倍、示唆に落ちてしまうこともあります。これはフリーターという肩書ではなく、むしろ年収が比較的少なめの非正規の人に起こることでもあります。この場合は借入総額を変更し、借りすぎないようにするのも方法です。

返済は毎月、融資を活用してバイクローンを

また、気をつけたいのはアルバイトならではのこととして、おそらくボーナスの支給がないでしょう。このため、フリーターがボーナス払いを使う際には気をつけましょう。というのも、ボーナス払いはボーナス月に一気にまとめてた額の支払となります。毎月の支払金額が若干減るように思うかもしれませんが、アルバイト収入しかなくボーナスが出ないのならばバイクローンのボーナス併用払いは避けたほうがいいものです。
また、アルバイトという肩書ならば借入総額は比較的少なめになるでしょう。このため、もし出来るのなら貯蓄からいくらか頭金を出すと借入総額が減り、審査に通りやすくなるとも言われています。もちろん身の丈にあった借入金額ならばバイクローンの審査に通りますので問題はありませんが、そうではないのならば貯蓄して頭金を準備してからでも遅くはないでしょう。
また、バイクローンを利用する際、毎月決まった額を返済します。このため、返済の回数や金額を確かめてから借りるのも方法です。特にシミュレーションが出来るところならば必ずシミュレーションし、大体毎月このくらいの金額を返済するのだということは覚えておくといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ