バイク免許の取得費用が足らない場合は銀行カードローン

免許取得費用

バイクローンの代用として使える銀行ローン

バイクの免許の取得費用を調達する場合は、銀行のカードローンを利用するのも手です。
バイクの免許はクルマよりも取得費用が安く、すでにクルマの免許を所有している方なら10万円程度で取得可能です。
少額の借入ならば、銀行ローンで借入できる可能性が高いです。
バイクローンは低金利ですが、カードローンと比べて審査は厳しくなっています。
銀行カードローンをおすすめする理由は、追加融資を受けられることにあります。
カードローンはATMで借入・返済できるので、取得費用が不足したときに追加で借りられます。
思わぬ補習により、予算をオーバーすることはよくあることです。
1回検定で落ちてしまうと、少なくとも1~2万円は追加でかかると考えていいでしょう。
お金の心配をしながら教習を受けても、集中することはできません。
取得費用が不足しような場合は、銀行に事情を話して多めに借りておくといいでしょう。
お金に余裕があれば、免許取得に専念できるものです。
ローンの利息は日割りなので、免許取得後は早期完済して利息の節約をすることも可能です。
繰り上げ返済も自由に行えるので、給料やボーナスで一括完済して利息を抑える返済の仕方を選ぶ方も多いです。

 

バイクローンからどの程度借りるべき?

生活費として使用するキャッシングの場合、借りすぎは避けるべきです。
利用枠を多く確保するほど、使いすぎの心配があるからです。
しかし、バイクの取得費用としてバイクローンから借入れる場合においては、少額の借入れでは免許取得費用が足りなくなる可能性があります。
不足してから追加融資の審査を受けて、落とされてしまうと大変です。
そこで、十分に余裕を持った金額の借入をすることをおすすめします。
バイク免許の取得費用は免許の種類にもよりますが、普通二輪で10万円~15万円くらいです。
借入可能枠としては、30万円くらいあると安心して免許取得に専念できるはずです。
教習は短期集中で受けたほうが、技術は上達しやすいのです。
教習期間中にお金がなくなった場合、ローンを利用しないなら稼いで調達するしかありません。
まとまったお金を稼ぐころには、運転技能が確実に低下してしまうでしょう。
クルマよりもバイクは運動神経や反射神経を要求される乗り物であり、3日乗らないと感覚は忘れてきます。
1回教習を休むだけで、3日分は技術が元に戻ってしまうと言われるほどです。
バイクローンの借入額は、余裕を持って多めに希望しておくべきです。
取得後に余ったお金は、そのまま返済に回せばいいのです。

バイクローンで融資を受けるコツは?

銀行カードローンをバイクローンとして利用する場合は、目的を伝えておくことで融資を受けやすくなる可能性があります。
カードローンは多目的ローンなので、用途に関係なく借りることができますが、用途がまったく審査に影響しないわけではありません。
例えば、株式投資に使用する場合と、バイクの免許取得では、後者のほうが借りやすいのは間違いありません。
バイクの免許取得は趣味・娯楽費用として分類されますが、健全な目的であると判断されます。
資格取得の費用の借入に近いとも言えます。
バイクローンの場合はフリーローンタイプが多く、初回にまとめて借りるというスタイルが主流です。
教習費用が不足するたびに追加で少しずつ借りるという借り方には適していません。
取得費用が底をついてしまい、不足分を借入れたいような場合においては、銀行のカードローンが最適なのです。
消費者金融のカードローンよりも金利が低いので、利息の支払いも抑えることができます。
本来、銀行ローンは審査が厳しいですが、健全な目的であれば融通を利かせてくれることは多いです。
消費者金融は年収の3分の1までしか借りられませんが、銀行ならそれ以上の借入をすることも可能です。

バイクローンの審査で有利にするには?

バイクローンの審査が有利になる方は、過去にローンの利用経験があり、遅れることなく完済した方です。
健全な利用履歴ならば、ローンは利用経験があったほうがいいのです。
将来的にバイクローンを利用する予定がある方は、現在利用しているローンやクレジットカードで遅延しないことです。
遅延の情報は24ヶ月は残ってしまうため、過去2年間に遅延があると融資を受けるのが難しくなります。
ローンの借入先が多すぎる方は、一本にまとめるなどの対策も必要でしょう。
銀行ローンは金利が低いため、おまとめにも適しています。
バイクの免許取得費用と併せて、一本化資金を借りておまとめする手もあるでしょう。
借入先を少なくしておけば、バイクローンの返済が始まっても楽に返済していくことが可能です。
取得費用の目安は、補習なしのストレートで取得する場合よりも高額になると考えておきましょう。
1.5倍~2倍くらいの金額を見積もっておけば、少しくらい補習がついても安心できます。
一般的に見て、クルマで補習が多い方は、バイクの場合はそれ以上の補修がつく傾向があるので、教習資金はかなり多めに確保しておくべきです。
金銭的な余裕があれば、免許取得も楽になるというものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ