バイクローンの審査基準のポイントは?

バイクローン審査基準

そもそもバイクのためのバイクローン、用途を証明できる書類は

バイクローンを利用するとき、いろいろな審査基準があります。とはいえ難しいことはそこまでなく、ローン会社次第では基本的に安定した収入があり毎月返済出来る状態というのならば問題はないことが多いでしょう。

銀行や信販会社の中にはとても有利で借りられるところもありますから、非常に使いやすいものだということで活用している人も少なくはありません。
ですが、バイクローンの最も最初の条件には様々なものがあり、その代表的な審査基準とは、そもそもその用途として本当にバイクやバイクに関連するものとして使われるかどうか、ということです。

というのも、バイクローンのを悪用する人の中には金利ゼロやバイクローンならではの低金利を魅力的に感じて、低金利になるということで他の高い金利で借りたキャッシングやカードローンをおまとめする用途で利用するというような人もいます。

これを防ぐため、そもそも用途を明確に出来る書類があるかどうか、そこがポイントになるでしょう。
このため、もし提携していない銀行などのバイクローンに申し込むのなら、そのような書類を準備できるバイクショップにしましょう。

銀行の場合はたくさんのところがありますので、いいところを探しましょう。

融資前にしっかりと収入があるかどうかが大事

もう一つの条件として、借り入れの前に必ず安定した収入があるかどうか、ということはとても大事なことでしょう。

審査の際には非常にたくさんの条件がありますが、その最も大事なものは定期的に安定した収入があり、返済ができるかどうかということです。
これは未成年者でも学生でも同じですし、バイクローンの利用者であればだれでも求められることです。

また、安定した収入があるかどうかということは、例えばアルバイトやパートなどでも審査に通る場合があります。
この場合は稼ぐ金額によっても借りられる金額は違いますが、その借りられる金額しだいで金額が変わります。

ただ、だからといって虚偽の内容で申請したりすると損害賠償を求められたり一括で返済することを求められたりと様々なデメリットが有りますので、収入が少なくてもそれなりに借り入れができると考えておくといいでしょう。
ちなみにこの場合は自営業の人でも通る場合は通るのですが、その場合はある程度安定した収入があるとしてみなされるかはそのローン会社は銀行によっても違います。

場合によっては銀行から収入証明書などを提出するように言われることもありますが、だからといってすぐに落ちるというわけではありません。

これまでの支払い履歴や信用情報等も大事なポイント

また、もうひとつ必要なポイントとしてはこれまでの支払履歴がしっかりしているかどうかというものです。
この支払履歴とは、例えばクレジットカードの支払を滞納したことがないということや、携帯電話の本体代金の分割払い、これまで持っていた自動車のローンやバイクローン、あるいはそれ以外にも様々な支払いをきちんとしてきたかということでしょう。この情報は金融系の知識がある人ならば「信用情報」といわれ、クレジットカードやカードローンなどを利用する際には必ず利用履歴や支払履歴がきちんと登録されます。
そしてこの信用情報で支払いがきちんとなされていないという履歴があったり、支払いがしっかりとなされているかどうかを確認する事ができれば問題はありません。ただ、その支払履歴があまり良くない場合はリスクが高い人ということで、審査に落ちたり、金利に関する条件が悪くなることもあります。融資の際にはどこでもこの信用情報を大事にするので、毎月の支払は非常に大事なものになるのです。
ちなみにこの信用情報が全く利用したことがない場合、年齢が若ければ気にしなくてもいいでしょう。というのも、支払履歴がないのが当たり前でもあるので、気にすることはありません。

返済の際には様々な審査基準が引っかかることも

ちなみにバイクローンの融資については他にも様々な条件がありますので、審査基準もそれなりに変わります。
とはいえ、この時にバイクのためということを考えず借り過ぎたり、ここまでのポイントをしっかりと把握せず適当に申し込みをしたり、融資申込書類に虚偽の内容などを記入すると落ちることもあります。というのも、融資を行う会社や銀行なども経験を積んでいますので、審査に落ちたりしてしまうのも珍しくはありません。

もちろん、審査基準を満たしていなければ借り入れができないものです。借り入れのポイントとなるものは書類上で行われるので、そういった書類をしっかりと整え、審査基準を満たすようにしましょう。
バイクローンは決して難しいローンではありません。むしろ他のローンよりも利用しやすいものが多いので、無理な条件ではなければ審査基準を満たしながらもしっかりとした内容で申請することが大事なことです。
ちなみに、もし自分の状態で審査基準がどうなのか気になるのなら、相談を受付けているところもあります。審査基準に関しては特にそれぞれの所によっても違いますので、なるだけゆるいところを利用するのもひとつの方法もあるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ