バイクローン 金利

バイクローン 金利

バイクローンはバイク用のローン?

バイクローンは様々な活用法がありますが、他の様々なローンと比べても用途がある程度決まっているため、比較的低金利で提供されているローンでもあります。このため、借りる際には比較的審査に通りやすいため非常に借りやすく、返済の時の負担も少ないのが特徴的でしょう。
このため、中にはたくさんのローンの活用方法もあるのです。
その代表的なものは、バイクローンでバイクの免許を取得するということでしょう。

すべてのローンが対応しているというわけではありませんが、バイクローンの中にはバイクをただ購入するだけではなく、例えば免許を取得したり、バイクのための様々な用品を購入したりするのにも使えるローンがあります。

この場合は融資を受ける際に内容を確認して、よく融資の対象となる範囲はどこかを聞いておきましょう。
また、バイクの販売店によってはバイクローンを組むと何らかのプレゼントやサービスがある場合もあります。

これはそのプレゼントやサービスの内容やその価格にもよりますが、時に非常にいいサービスならば一括で全額購入するのよりも活用できる手段は多いといえるでしょう。
他にも、様々な方法で活用することができます。では、どんな方法があるのでしょうか。

バイクローン前に、携帯電話代金などはしっかり払っておくこと

まず、バイクローン前にかならずしておきたいこととして、携帯電話の分割払いやクレジットカードなどの支払いについてはしっかりと毎月ルールに合わせて支払っておくということでしょう。
というのも、バイクローンを組む前には必ず審査があります。

この審査の内容はそもそも申し込みをした人がどのくらいの金額でお金を借りたいのか、そしてその人が本当に払えるのか、というような内容での審査がなされます。この時、信用情報というものがチェックされます。

この信用情報とは、これまで後払いや分割払いにしてきたものが本当に支払われているかどうかという履歴を残しているもので、携帯電話の分割払いや様々な商品の分割払い、クレジットカード払いなどを行うと履歴として残るものです。
これが全くないのは別に問題はありませんが、もしこれから持つ、というのならば、毎月の支払をしっかりと行っておきましょう。

というのも、この支払履歴がしっかりしているとそれだけで信頼度がアップし、低金利になったりと良い条件で借りられる可能性が出てくるのです。

また、延滞したり踏み倒したりという履歴があれば、中にはバイクローンが組めないこともあります。気をつけておきましょう。

借りるのなら金利無料期間を狙う

バイクローンを取り扱っているお店の中には、一定期間金利無料としているところもあります。
これは何かというと、バイクローンを利用すると毎月返済するときにそれぞれのルールに応じていくらか金利を上乗せして返済する必要があるのですが、この金利が無料になるというものです。

適用される条件も様々で、一定の条件を満たせば無料になったり、一定期間ならば無料になったり低金利になったりするようです。
このため、融資前にその条件を確認して、できればその期間内で完済できるようにしておきましょう。

せっかくショップが負担してくれるのですが、ありがたく使うのに越したことはありません。このような条件というのは、例えば回数だったり、一定金額以上の利用でというような条件があります。

このため、その条件をまずは確認し、活用しましょう。支払い回数や下限・上限額が決まっていることがほとんどなので、まずそういったルールをしっかりと確認する必要があります。
ちなみに金利無料とはなっていますが、遅延損害金や手数料などは負担する場合もあります。

遅延損害金とは支払いが遅れた際にローン会社にさらに上乗せして支払う金利ですから、そういった金利は無料でも支払いは遅れないようにしましょう。

一般的には銀行などのほうが低金利になる

ところで、もしそのような金利無料などもやっていないところでバイクを購入するのならば、バイクローンを組むときに金利がなるだけ安いところがいいでしょう。
この時、おすすめなのは銀行です。
というのも、一般的なバイクショップでのバイクローンは銀行ではなく信販会社といって、代金を立て替え払いして分割払いをするというサービスに特化している会社が行っていることが多いのです。信販会社は比較的金利が高い傾向があるので、もし低金利にこだわるのならば低金利の傾向がある銀行などのほうがいいでしょう。
特に普段利用している銀行だと、例えば毎月の水道光熱費や給与受取口座などにしていれば、更に低金利になるところもあります。

これは毎月の支払履歴がよりわかり、お金の出入りがわかりやすいため、低金利になるということでもあるようです。

また、融資も少し通りやすくなり、融資の際の審査結果にも影響してきます。
このため、一般的な銀行、特に普段使っている銀行があれば、そこに一度相談してみるのもいいでしょう。

また、もし毎月の支払や給与受け取りが複数の銀行に分散しているのなら、一つの銀行にまとめるのも検討してみたいものです。